7月7日に行われました実業団連盟の東海大会三重県予選の結果です。
ダウンロードはこちら
19jituren-tokaiyosen-kekka

決勝戦評
 出足、パナ津12土方(弟)のサーブで崩し6-1とリードした。その後、日立もブロックで応戦するもサーブ力に勝るパナ津に離された。日立のエース17樋口が良く踏ん張るが点差が縮まらずパナ津が先制する。
 2セット目もファーストサーブを良く入れたパナ津が7-2となり、日立の樋口監督が堪らずタイムを要求。パナ津4新田(兄)の連続サーブが10-2まで続いた。中盤は一進一退となるが、パナ津18川島の4連続サーブで突き放す。最後もパナ津12土方のサービスエースでパナ津が優勝した。
 女子ではパナソニック津アドバンスが優勝となった。
 パナソニック津の男女チームは東海大会に駒を進め、東海代表の座を勝ち取ることを期待したい。 戦評者名( 佐野 滋治 )