10月2日~5日に茨城県で開催されました国民体育大会に出場した少年女子チームから報告が届きました。
<試合結果>
  1回戦 三重2(27-25,25-19)0長野
  2回戦 三重0(23-25,20-25)2大阪
<大会所感> 報告者( 山田 洋次 )
 1回戦、都市大塩尻高を中心とした長野選抜に対し、序盤は動きが固く相手にリードされるも、持ち前の粘りで相手の速い攻撃に対応し、OH岩田のサーブを皮切りに相手の隙を攻めて勝利。続く2回戦はシードチーム、金蘭会擁する大阪府。全国トップレベルの高さ、攻撃力に対しOH山口やMB浮ヶ谷が果敢に攻め入り、1回戦同様サーブで崩すなど自分たちのバレーに徹し、相手のミスを誘うなどで1セット目を取りかけるも相手の意地が上回った。2セット目も序盤からリードするなどし好ゲームを演出したが惜しくも敗戦した。2年後の三重国体に向けて、貴重な経験となったはずです。応援ありがとうございました。