第21回三重県スポーツ少年団バレーボール交流大会

 今年度第21回を迎えた表記大会の結果です。
結果ダウンロードはこちら
23shogaku-suposho-kekka

<男子決勝戦評>
 予選リーグではフルセットの接戦で大安が勝利したが、決勝トーナメントを両チームとも順調に勝ち上がり、再度決勝で戦うことになった。
 序盤から終盤までお互いの持ち味が出て、どちらも譲らない展開となる。最後は大安が粘り強いバレーで点数を重ね、23-21で第1セットを先取する。
 第2セットもお互いに持ち味が出て、点を取り合うが、最後は大安の流れになり、第2セットも連取し優勝を決めた。
<女子決勝戦評>
 第1セット、序盤は桑名の多彩な攻撃とブロックが決まり6-1とリードする。その後、桑名①川島のサーブで天白のレシーブを崩し連続得点を奪い、11-1と更に突き放す。中盤以降も桑名の流れで試合が進み、21-9で桑名が第1セットを先取する。
 第2セット、序盤はお互いの粘り強いバレーで点を取り合う展開となるが、天白のミス重なり、8-4で桑名がリードする。天白も連続得点し流れを掴みかけるが、サーブミスなどで桑名がリードしテクニカルタイムを迎える。その後、お互いに点を取り合うが17-14の桑名リードで進む。終盤も桑名の勢いが止まらず、21-16で連取し、桑名フラッシュが2年連続の優勝を決めた。