12月26日、全国都道府県対抗中学バレーボール大会が始まりました。女子選抜は沖縄選抜にセットカウント2ー0で勝利しましたが、次の長野選抜には、0ー2で敗れました。一方男子選抜は、大阪南選抜に0ー2で敗れたものの、岩手選抜にストレートで勝利しました。この結果、男女ともにグループ2位で予選通過、決勝トーナメントに進みました。
 27日、トーナメント1回戦、女子は強豪の熊本選抜と対戦。フルセットの激戦を見事に制し、2回戦進出を決めました。男子は岡山選抜と対戦、デュースの粘りをみせるものの、あと一歩及ばず敗退となりました。
 女子2回戦は、大阪南選抜。25ー20・26ー24で見事に勝利しました。続く3回戦、ベスト4をかけて愛媛選抜と対戦。第1セットを先取したものの第2セットはとられ、15点制のフルセットとなりました。序盤からリードされるものの三重選抜は粘り抜き、デュースにもつれる大接戦。しかし、最期は力尽き、17ー19で敗退となりました。
 三重選抜過去最高のベスト4には一歩届きませんでしたが、男女ともに、選手の健闘を讃えましょう。