松阪JVCより全国大会の報告が届きました。
  1日目 グループ予選(町田市総合体育館)
   1試合目  松阪JVC  0(8-21  9-21)2  八本松(広島県)
   2試合目  松阪JVC  2(21-19 16-21 15-13)1 雫石(岩手県)
  2日目 グループ予選(所沢市民総合体育館)
   1試合目  松阪JVC  0(10-21  13-21)2 東京杉一(東京都)
   2試合目  松阪JVC  0(12-21  12-21)2 服間(福井県)
大会所感  報告者( 小島 七矢 )
 大会は開会式から運営まで素晴らしかったと思います。ただ開会式が体育館から最寄駅までバスでの移動で非常に混雑していて待ち時間(30分~60分)に熱中症にもなりかねない状況でした。競技以外での健康管理も重要ですのでシャトルバス等の交通手段があれば良かったと思います。
 チームの初戦は緊張感から精神面が安定せず満足な試合運びが出来ず悔しい戦いでした。しかし今大会の3位チームや優勝チームと戦えた事で全国の雰囲気や高いレベルのプレーに触れ身体で感じてきたことはコンディション、体力、集中力、技術、戦術等にレベルの差があると痛感させられました。
 トップチームより練習量が遥かに少ない分、日頃の練習で差の部分をどう埋めるか集中力の高い質の高い練習をやりプレーを習得させるには練習方法も含め変革する事は私の大きな責任だと思います。私は子供たちを指導しきれてなかった事を実感し、子供たちは何が?どこが違う?どうすれば良い?など少しでも感じる事ができたことに本当に良い勉強をさせて頂きました。