11月28日~12月1日 大阪府で開催されました全日本9人制バレーボール総合男女選手権大会の結果が届きました。
女子結果ダウンロードはこちら
h19-zennihon9-w-kekka

男子結果ダウンロードはこちら
h19-zennihon9-m-kekka

大会所感
女子:パナソニック津アドバンス
 報告者( 山中 真由美 )
 ご推薦の元、本大会に出場させて頂き、関係者の皆様へ心より感謝申し上げます。
 目標:ベスト8を掲げて挑みましたが、ベスト16の結果に終わりました。グループ戦、決勝トーナメント1回戦は順当に勝ち上がることができましたが、本大会優勝されましたデンソーテンさんには、今一歩及ばすの結果でございました。
 心身共に着実にレベルアップしてきております。来年こそ目標達成できるよう頑張って参りたいと思います。今後とも何卒ご支援・ご指導の程よろしくお願い申し上げます。
男子:川越クラブ 報告者( 藤山 大輔 )
 本大会前から格上の実業団チームとの対戦で厳しい戦いになることは分かっていたが、チームとして予選突破を目標に大会に臨んだ。
 初戦、点差は開いたが、要所で好ディグ、両エースのスパイクで点数を重ね、チームとして実業団相手に臆することなく戦えた。敗者復活戦は本年のクラブカップでも対戦した廿日市クラブ。1セット目は序盤からサーブで相手を崩し、流れを掴んだ。途中メンバーが負傷退場するも、最後まで集中力を切らさず終盤競り勝ち、初めて廿日市クラブから1セットを取った。2セット目は序盤から相手のサーブで崩され、ミスが目立ちセットを失った。気持ちを切り替えて3セット目に臨むも、序盤から相手サーブに押され、相手の流れでゲームが進み、こちらはサーブミス、レシーブミスが目立ち、終盤まで粘ったもののフルセットで敗戦した。
 敗者復活戦は悔しい敗戦となったが、県予選を勝ち抜き本大会に初出場出来たことを誇りに思う。来年も出場できるようバレーボールに真摯に取り組んでいきたい。