ママさん連盟から12月に沖縄県で行われました全国大会の結果が届きました。

1日目
グループ戦1回戦

 玉垣フェニックス 2-0 フジクラブ(富山県)
      (21-10,21-12)
(所感)チームの持ち味であるサーブ力を生かして危なげない試合展開で勝利。
グループ戦2回戦
 玉垣フェニックス 0-2 黒髪クラブ(長崎県)
      (10-21,20-22)
(所感)黒髪クラブは今回優勝チームでしたが、サーブ甘くなり、サーブカットも乱れ、アタックコースも甘くなり相手にチャンスを与え速攻で押され、失点が続き簡単に1セット先取りされた。2セット目は、サーブ良くリズムに乗れ、自分たちのバレーが戻りジュースまでいきましたが、21対20でこちらに21点目の判定が出ていたにもかかわらず、オーバーネットを主審が副審の判断を仰ぎくつがえりゲームセット。キャプテンとして主審に抗議をすべきだったと言われ悔いの残る試合でした。

2日目
グループ戦1回戦

 玉垣フェニックス 2-0 北栄クラブ(岐阜県)
      (21-17,21-17)
(所感)一進一退の攻防でしたが良い所でサーブ力のある選手にまわり切り抜けられ勝利できた。
グループ戦2回戦
 玉垣フェニックス 2-1 村上CC(新潟県)
      (19-21,21-9, 21-18)
(所感)1セット目先取りされるもその後危なげない試合が出来、3セット目は控え選手も出場し、全員が沖縄のコートに立つ事が出来、とても有意義な冬季大会でありました。