1月25日26日に、松阪市立嬉野中学校ほかで開催されました中学生の県新人大会の結果です。
 男子は海星中学校が初優勝、女子は神戸中学校が3連覇を達成しました。
 優勝した2チームの他、ベスト4に入った男子:松阪市立嬉野中学校・ラークスバレーボールチーム・津市立久居東中学校、女子:松阪市立久保中学校・亀山市立亀山中学校・松阪市立三雲中学校が、3月に岐阜県で開催されます東海新人大会に出場します。
ダウンロードはこちら
19jhs-kensinjin-kekka

<女子決勝戦評> (報告者 神崎 敏之)
 決勝戦は2年連続優勝している鈴鹿市立神戸中学校と、南勢大会を1位で勝ち上がった松阪市立久保中学校の対戦となった。
 第1セットは、久保中②恒川と神戸中④庄司の打ち合いが目立った。序盤はお互い点を取り合うシーソーゲームだったが、久保中⑥間道の効果的なサーブで連続得点をあげた久保中学校が、中盤以降神戸中を引き離し、このセットを先取した。第2セットは逆に神戸中①杉山がサービスエースを5本とるなどして、最大9点のリードをした神戸中が、そのまま逃げ切りセットカウントを1-1とした。第3セット、スタートこそ久保中が連続得点を挙げるが、神戸中は①杉山・②嶋田のサーブで効果的にポイントを重ねて逆転、④庄司も勝負所でアタックを決めていく。久保中②恒川は、両チーム最多の23得点を挙げたものの及ばず、神戸中が3年連続5回目の優勝を勝ち取った。